保険に加入して急なトラブルを防ぐ〜皆で加入レディーゴー〜

適した商品

保険相談ができるまでの流れ

保険の勧誘セールスマンが自宅に訪れて、保険の契約を取るために保険についての説明をしていくと言う例のやつです。しかしこの方法は不評でした。なぜなら、相手から勧誘してくるものに対してこちらは防御するという姿勢を見せるのが一般的だからです。またインターネットが発達したことによってセールスや勧誘に関する情報があちらこちらで見られるようになり、勧誘に来てそのまま保険契約をする人は減少してきました。さらに、住宅のセキュリティや企業のセキュリティテ強化のため安易に住宅内に入ることや会社内に入ることが難しくなったのです。

保険の相談という新しい方法

保険の勧誘と宗教の勧誘だけは勘弁してくれという言葉があるように、勧誘に対して前向きになれる人は少なかったのです。このような流れが続くことで保険会社の契約数は減少していくところもありました。ですがそこで新たな方法として保険相談という方法を使うようになりました。この保険相談とは顧客の方から相談窓口に訪れて、どの保険が1番自分にぴったりかということを相談員に話を持ちかけ、その結果良い保険があれば保険契約を結ぶのです。ただ、当時この保険相談という方法は一般的に受け入れられるかどうかは疑問でした。ただでさえ加入しても保険に加入することが少ないのに顧客が自ら保険相談に来るとは思えなかったからです。しかし、蓋を開けてみるとこれが思いのほかうまくいったのです。